· 

ネクタイの縫製

良質のネクタイにとって生地は大事なポイントですが、ネクタイの縫製も大切なポイントです。日本のネクタイ縫製は「世界一」といわれています。それは、日本の消費者はクオリティに厳しいことと、几帳面な国民性などがそうした技術を生んできた背景があります。



通常の正規のネクタイは、約100センチ×50センチの大きさから2本作るようになっています。素材がシルクなので、生地に無駄が出ないように両方から無駄なく、かなりシビアにカットしていくことになります。そんなわけで、ネクタイの柄は基本的に上から見ても下から見ても同じ柄に見えるように作られているのです。一つ一つの作業は熟練した職人手作業によるところが大きいです。機械化が進んだとはいえオートメーションで作れないのがネクタイの縫製ななですね。


オーダーメイド オリジナルネクタイ 作成 特注 仕立て 縫製工場

東京都八王子市 株式会社成光ネクタイ 代表取締役 栗原弘直

https://www.seikoh-neckwear.co.jp/

成光ネクタイは観光庁ポジティブオフ賛同企業です
成光ネクタイは観光庁ポジティブオフ賛同企業です

 

 

成光ネクタイは経済産業省おもてなし規格認証企業です
成光ネクタイは経済産業省おもてなし規格認証企業です